スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 |

粟島釣行 2010・06・19

久しぶりに、粟島に行ってきました~~(´∀`)。

思えば・・・粟島に初めて行ったのは、18年前でしたでしょうかね~~(笑)。

当時は、前打ち用の竿を持参で釜谷のキャンプ場で自炊、弁天で釣りをしました。

オキアミを持参して、釣り始めると・・・石鯛(30cm未満)、メジナ(25cm程度)、キジハタなどが釣れて・・・

マハタの子供が釣れた時には・・・正直、驚きました(笑)。


今から考えると・・・本格的に磯で真鯛釣りに行くことになるなんて思ってもいなかったでしょうね~(笑)。


粟島に行かないか~~?とお誘いして貰ったのが、早いもので6年前でしょうか・・・。

もちろん、お誘いしてくれたのが・・・

粟島の「御大」・・・たまさん・・・。そして、粟島の「大人(たいじん)」bbさんですね~~。

今回も、あの時のお誘いが無かったら・・・御縁が無かったのかも知れません~(´∀`)。




近い様で、遠くなった島でしたが・・・今回、5年・・・いや、4年振りに行って来ましたよ~。


仕事の関係で、土日祝日が休みでなくなって・・・たまさんに合わせて行けなくなり、さらに行ける日は大荒れで行けなかった・・・。


なので、今回は気合充分・・・しかも、夜通しで磯真鯛に勝負を掛けます。

2010_0620譁ー遯∝

恒例の乗船前の「お清めの儀式」です~(笑)。

粟島汽船に乗船する前に・・・体と精神を清めます。

もしかしたら・・・欠航で帰って来れない場合は、粟島で島民として暮らしますか~~~てな感じですかね~。

2010_0620譁ー遯∝

汽船での上陸する前の、儀式みたいなもんですね。

2010_0620譁ー遯∝

今回は、鱗海さんが来れなかったので・・・鱗海さんのお気に入りで、大漁祈願です。

2010_0620譁ー遯∝

海水の色も、大分落ち着いて来ましたね~~~。何とか行けそうですよ~~(´∀`)。

2010_0620譁ー遯∝

御大の故郷・・・島の入り口です。

この風景を見ると・・・帰って来た~~なんて思ってしまうんでしょうね~~(^ω^)。

2010_0620譁ー遯∝

何時もながら、島をあげての歓迎振りには・・・頭が下がります。

冬の間・・・離島が孤島となり、盛大な島開きが行われ・・・

島民、観光客・・・そして釣り人も、待ちに待ったシーズンがやってきます。



2010_0620譁ー遯∝

宿に手荷物を預けて、島の「ばあや」の話を聞き・・・

仏壇に手を合わせて、島の可愛い弁天様の出してくれたコーヒーを飲んで出陣です。

今夜のお相手は・・・島の夜の支配者です。

礼儀と恩恵を忘れず・・・担げるだけの縁起は担いで挑みます。



港では・・・「たまさんは~???」などと聞かれます。

「たまさんは~~~来週きますよ~~」とbbさんが答えてます(笑)。

どこに行っても・・・聞かれますね~~(´∀`)。


2010_0620譁ー遯∝

少し早めですが・・・コマセを入れておかないとね~~(・∀・)。

2010_0620譁ー遯∝

土曜日でしたので、早朝からの釣り人が竿を出していました。

2010_0620譁ー遯∝

コマセを入れながら・・・bbさんと歓談です。もちろん、竿を出しながらね~~(´∀`)。

2010_0620譁ー遯∝

夕食を持って来てくれました。

bbさんは、離れた自分の持ち場に・・・

これから、本番です。

2010_0620譁ー遯∝

粟島に来たら必ず食べたい真心弁当で、乾いた体に潤いを与えます。

初めて来た時・・・ご飯にふりかけで「がんばれ~」て書いてあったっけ・・・

早いもので・・・書いてくれた可愛い弁天様も、高校生・・・驚きもありましたね(笑)。

さらに・・・島の「ばあや」の話が9割近く解らなかった・・・。

今回は、6~7割は理解出来ましたね~。


時の流れと、あの時来ていた自分と何かが変わった気がしました。

御大の粟島への想いが、少し解ったからでしょうか・・・。

島に暮らす人々の生活や、海への恩恵・・・

御大が拘る理由は、全てこの島にあるんですね~。

長年、培ってきた島との関係を・・・釣りだけではない、人と人の繋がり・・・

素晴らしいですね。

そんな恵まれた環境で竿を出せるのが、幸せなんですね~。



さて、思いのこもった弁当を完食して・・・勝負です。


これより先は・・・ストロボ発光、ライトの使用は禁止です。



よって、写真はありません~~~~(爆)。



粟島釣行 2 に続きます~~。






スポンサーサイト

| 釣行記 | コメント(16)

コメント


カップ酒、、、、、
久しぶりの粟島、儀式で出来上がっちゃったかな? (爆)

潮の色も流れもあって、良かったんじゃない??

パート2が楽しみだ~~♪♪♪♪♪

2010年|06月|21日|07:07 |from 鱗海SP| URL 【編集】


引っ張りますね。
楽しみです♪

2010年|06月|21日|10:06 |from 浪人| URL 【編集】


長い思い出話でしたが、良い思い出は尽きませんね・・・・

ストロボの無い釣記事楽しみです。

2010年|06月|21日|13:22 |from いち| URL


最近、夜釣りをしてないです。

たぶん、やったらライトとか
平気でつけて、海面とか
てらしそうです・・・。

デジカメのフラッシュもバンバン
つけそうで・・・。

でも、実際は目が慣れて
そんなにライトをつける必要も
ないんでしょうね。

2010年|06月|21日|14:12 |from 釣杉鯛| URL


一回の記事に収まらないってことは??
大漁だったんですか?

暑いんでビールは最高でしょうね~

2010年|06月|21日|16:43 |from 鮎川魚神| URL


単に釣りに行くというだけではなく
まるで家族のように迎えてくれる島の人たちとの
厚い親交があるからこそ、また足が向いてしまうんでしょうねぇ。。。
私もばあやの話が6割くらいわかるようになってきましたよ!
極力ライトをつけないようにしていると自然に
目があの暗闇に慣れてくるものですよね。。。
磯の上から見た満天の星空も綺麗だったなぁ~♪
さて、この後どんなドラマがあったのでしょう~?

2010年|06月|21日|18:34 |from サンタマ| URL


釣りの魅力の奥深さを感じます(^^)

続き、どんななんでしょう(^^♪

2010年|06月|21日|22:03 |from かず郎| URL 【編集】

Re: タイトルなし


鱗海さん

思わず・・・〆張りカップの購入でしたね~(笑)。

とても、良い日でした。後は、経験と技量ですね~(´∀`)。

2010年|06月|21日|22:03 |from もっこり亭URL

Re: タイトルなし


浪人さん

うちの会長と違って、引っ張りません~~(笑)。

昨日は、疲れて限界でしたね~(´∀`)。

2010年|06月|21日|22:05 |from もっこり亭URL

Re: タイトルなし


いちさん

思い出と言うか・・・これからの意気込みだと思って下さい。間が空き過ぎましたね~。

全ては、通うことに始まるみたいです。

2010年|06月|21日|22:08 |from もっこり亭URL

Re: タイトルなし


釣杉鯛さん

今回の場所は、明るかったですね。以前は、漆黒の闇を経験しました。

目が見えない状態での、タモ入れは・・・素人にはきついです。

やはり、通わないと答えは出ませんね~(笑)。

2010年|06月|21日|22:12 |from もっこり亭URL

Re: タイトルなし


魚紳さん

眠たくて、最後までUP出来ませんでした。すみません。

2010年|06月|21日|22:14 |from もっこり亭URL

Re: タイトルなし


サンタマさん

流石・・・解ってますね~(´∀`)。

今回、言いたかったこと・・・伝わったみたいですね。

たまさんが言いたいことは・・・そういうことも多く含まれているんですね~。

愛する粟島への想いだと、思います(´∀`)。

2010年|06月|21日|22:18 |from もっこり亭URL

Re: タイトルなし


かず朗さん

奥が深すぎて・・・まだ入り口ですよね~~(笑)。

島の子供たちに、お土産やプレゼント・・・自転車なども持って行ったそうです。

自分の子供がいて、釣りたい気持ちだけでは・・・そこまで出来ない事です。

全ては・・・想いなんですね~~御大と大人の意味合いなんですよ。

2010年|06月|21日|22:24 |from もっこり亭URL


粟島へ行ったことはありますが

一度もこんな歓迎を受けてませんよ・・・
いつも 閑散としてました

2010年|06月|22日|09:38 |from チヌジャック| URL

Re: タイトルなし


ジャックさん

島開きの後ですし・・・クリーンUP作戦もあったのでしょうね~。

歓迎は、民宿が一番してくれますね~(^^♪。

2010年|06月|23日|02:01 |from もっこり亭URL

非公開コメント

トラックバック

http://mokkoritei.blog101.fc2.com/tb.php/135-3349d8e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。