スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 |

越冬準備でしょうか???(T▽T)アハハ!

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

| 映画 |

釣りキチ三平~(~0~)。

日曜日の夜半から・・・風邪を引いたみたいで~~(-_-#)。


インフルエンザでは無かったのですが、炎症が治まらず病んでました・・・(´Д`)。




医者から、治療薬をもらって飲んで見るものも・・・好転の兆しが見えず、やっと少し楽になりましたかね~(=_=)。




本日は、好天成れど・・・釣りに行く事も出来ずに、自宅待機でした。




しょうがないから、CS放送でも見ながら・・・北欧の神話なんてのを見ながら、少しお休み・・・




北欧の神話で、この世の中で人間が勝てないものが三つあるとの話・・・


1、自然   2、巨大な権威   3、老化現象     だそうです~(=_=)。



う~~ん・・・老化現象の始まりでしょうかね~~(笑)。


無理が利き難くなってきたのでしょうか~~~(爆)。



とにかく体を休めて、週末のお遊びを楽しめるようにしたいものです~(~0~)。









昨日、秋田からお酒が届きました~(~0~)。



送り主は、ランチさん!!!


DSCF0014_convert_20110223150526.jpg



秋田の地酒です。地酒=住んでる地域の酒として、皆さんで飲んでくださいとの事でした~(^ω^)。



新潟市内は、酒蔵はあるにはあるのですが・・・おいらの生まれた地方じゃ、ありませんでしたね~(-_-#)。



逆に、女房の実家付近には・・・数件ですが、酒蔵があります。



だから、地場の酒があるのは・・・羨ましいですね~♪。



郷土の味ってのがあって、羨ましい話ですよ~~(^ω^)。




DSCF0015_convert_20110223150543.jpg



公魚釣りの時でも、皆さんで楽しみたいと思ってます~(~0~)。




ランチさんの地元が・・・飲んでいて薄っすらと見えて来るんでしょうね~~o(*^▽^*)oあはっ♪。




そして・・・続くときは続くもので・・・(´∀`)。



午後から、映画「釣りキチ三平」を放映してました。


CS放送では、初だとか~~これは、見てみましょうかね~~って事で~(^ω^)。




DSCF0013_convert_20110223150506.jpg



秋田を代表する漫画家「矢口高雄氏」の作品です。




昔・・・良く読みましたね~~(^ω^)。



今回の映画は、「少年マガジン50周年記念作品」として映画化したそうです。



ストーリーは、現代に合わせて・・・実作品にアレンジを多く取り入れてますが、良く出来た作品ですね~( ̄- ̄)。



ちょっと・・・CGが多いかな~~(笑)。



そして、魚紳さんが・・・バスプロなのが、笑えるところですが~~(笑)。


印象に残るのは・・・



魚紳さんが、「釣りって何でしょうか???」と一平爺さんに聞くところですかね~~(´∀`)。


この質問の意味が、なかなか奥が深くて・・・思うように答えられない・・・



その答えは、自分で出すしかないんでしょうね~~( ̄- ̄)。



川、湖、海で、釣りのスタイルは違いますが・・・魚を釣ると言うのは同じなんですが・・・



要するに、この作品では釣りのロマンがありますよね~~(~0~)。



だから、読む人の心を捉えるんでしょうね!!!



以前、作者のあとがきの欄で・・・三平君が、海の出番が少ないというのを指摘された記事を読みました。




漫画を作る際に、主などの設定がしやすいのは、川や湖や沼だからという事。


海では漫画の設定が、絞りにくい事。


作者が、山育ちで海の経験が少ない事などを挙げてました。




おいらの思うには・・・海まで行かなくても、楽しい釣りが出来たからだと思ってます。



最近は、川から離れて・・・海釣りばかりやってますが・・・



渓流、湖、沼の釣りも・・・再開するのも良いかもです。



そんなんで・・・公魚釣りで、一つ体験して来ます~~~( `ー´)ノ。



氷の世界で、遊んできましょうかね~~(笑)。




ランチさん・・・ご馳走様でした~~<(_ _)>。



| 映画 | コメント(21)

フラガール

TVで、映画「フラガール」を放送してました。

以前も放送されて、拝見してましたが・・・ちょっと、関連のある話を踏まえて・・・。


フラガール・・・炭鉱の町に、炭鉱以外の産業を作ろうという話ですね。要は、「町おこし」になると思います。

既に成功されている事ですが、「常磐ハワイアンセンター」が・・・これになります。

ストーリーとしては、炭鉱の町に・・・フラダンス???の世界で、試行錯誤で始まった事ではありますが・・・

東京から、指導員を呼び・・・人との絆と別れも踏まえて物語が成り立っています。


では、炭鉱の町・・・さらには、炭鉱、鉱山に触れて見たいと思います。


鉱山や炭鉱で働いてきた人達は、信仰が厚いですね。

何故なら・・・毎日が死と隣り合わせだからだそうです。

「山の神」を崇拝して、自宅建築では「お宝さま」と称して、必ず天井裏に迎え入れます。

建前の時に、方角を踏まえて設置するそうです。

彼らが何故、そこまでするかと言うと・・・

炭鉱の坑道を掘り進めて行く時に、神事に頼り道を決めるからだそうです。

掘る先には、岩盤の柔らかい場所や、毒ガスが出る場所もあり危険が生じるからです。

特に怖いのが、ガスだそうで・・・

都市ガスや、LPガスの様に、臭いが付けてありません。

無味無臭なんですね~。

気が付くと倒れて・・・意識不明か死亡だそうです。

もちろん、落盤事故もあります。



炭鉱夫は、生活の保障が無いとは言いませんが厳しい世界です。

定年は50歳です。

厚生年金も50歳から満額です。

さらには、労働組合も充実していますので・・・

月給を時給換算すると、残業 1H が、4000円からの金額になります。



鉱山は、すでに日本では閉山してしまい・・・現在も掘り続けている場所は、殆どありません。

最近では、石炭の需要価格の変動で、また掘り始めている所もある様で・・・。

新潟では、佐渡金山が有名ですが・・・佐渡の資源は多いそうです。

しかし、掘るのにコストが掛かり・・・採算が合わないみたいです。



漁師の「潮来一枚・・・その下は地獄」の話は良く耳にします。

TVでも、漁師の華やかな一面が取りざたされています。

しかし、山師の世界は紹介されにくいですね~。



海と共に生きる・・・・山と共に生きる・・・生活の全てが、山に依存している町でのお話です。


そんな事を踏まえて、この映画を見ると・・・違った一面が見れるのではないでしょうか?

映画 「フラガール」・・・山で生きる人達の描写が上手く表現されていると思います。


是非、鑑賞してみて下さい。




追伸

山師は、ガラス繊維で肺が傷んでいるし、塵肺などの職業病もあります。

だから、高額保障されていると思います。

長生き出来ないそうです・・・・。




けど・・・オイラの周りに居た山師は、長寿ですね~(笑)。

丈夫なのと、運の強さを感じます。



地鎮祭も、この習わしから来ているのでは?・・・・と思います。



最後まで、読んで下さって・・・ありがとうございました<(_ _)>。

| 映画 | コメント(8)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。